そごう閉店と聞いて今思ってることを書いてみた

どうも、デリヘル店員です。

 

いやー、こんなニュースが舞い込んでまいりました。

www.asahi.com

 

ま、今回はこれを一個人の視点で取り上げていきたいなー・・・と。

あ、別に社会派気取りじゃありませんぜ?(笑)

書くことがないから便乗していくスタイル←

 

 高級路線で客足伸びず?

 

こんなのすごーく単純な話なんだと思うんですが。

 

要するに一般市民は金が無い。

金が無いから高いものが買えない。

だから潰れる。

 

いや、なんかさ・・・

あの『そごうデパート』がしまむらみたいな低価格化路線なんてやるわけがないでしょ?(笑)

 

自分が子供の頃の話ですが。

北海道出身の自分は札幌駅前の東急・そごうなんてのは一種のステータスだったわけですよ、親とかの年代はね。

普段着はそこらの洋服屋で買って、余所行きの服はデパートでなんてね。

 

今はさ、余所行きの服もしまむらで買えるっちゃ買える。

それで満足せざるを得ない。

だって金ないんだもん(笑)

 

まー、権威主義かもしれないけど。

『そごうで買ったブランドもん着れる』

・・・ってのは結構重要だったんだと思うよ。

 

金はみんなが無いわけじゃない、偏ってるだけだ

 

さてさて、一方風俗業を生業としてる自分から見ると。

 

前にも書いたかもしれないけど、『安物買いの銭失い』。

ま、自分のところで言うと。

安いお店使ってパネルに騙され挙句地雷嬢・・・

 

そこそこ値の張るお店だとあまりそんな心配はないわけで。

あ、地雷嬢かどうかはともかくね(笑)

 

安いお店ってのはそれなりにリスクが有る。

ぜんぜん違う女の子来たり、写真は詐欺モリのものだったり。

 

ま、それはどうでもいいんだけど。

電話対応してるとね、金払いのいい客・悪い客ってのがいて。

当たり前なんだけど。

 

これが『デパート』と『量販店』の住み分けと似てると思うんですよ。

 

思うに・・・この三種類のパターン

・いつも『デパート』を利用する人

・いつもは『量販店』でたまに奮発して『デパート』

・『量販店』しか利用しない人

 

風俗的に言うと

・高級店で遊ぶ人

・たまーに高級店、いつもは大衆店で遊ぶ人

・激安店でいつも痛い目を見る人

 

昔は多分こんな比率。

『デパート』:『たまにデパート』:『量販店』

1:5:4

ま、これ俺の勝手な推測ね(笑)

これが今は1:4:5みたいな感じになってるんだと思う。

もしかしたら1:2:7かもしれないけど。

 

要するにさ、金を使う層が居ないんだよ。

『量販店』の層が増えちゃってお金が回らないんだ。

だから量販店の売上が伸びてデパートが下がる。

別に高級路線が失敗したんじゃなくてこんな単純な理由。

高級なものが買えなくなったわけだ。

 

それと『デパート』の層は恐らくはブランドショップへと鞍替え。

実質『デパート』を支えていた層は真ん中の『たまにデパート』の層だと思う。

 

さーなんでこんなことになった。

 

失われた20年?

いやいやこれは恐らく『失わされた20年』だ。

 

だって、金を節約しろってTVで言われてない?

むしろ経済に逆効果だぜ?

 

これ前にも言ったけど、

『経営者は足元を見すぎて先を全く見ていない』(意訳)

ま、サラリーマン社長の限界だわな。

だって、自分の代が何も無ければそれでいいって感じですもの。

 

よくさ『若者の○○離れ』って言うけど。

金の若者離れ』なんだよなー・・・。

 

多分このままだと『若者の浮世離れ』になってしまうかもしれない。

 

それはさておき。

ま、こんなブログの記事なんてお偉いさんは見ないだろうけど。

会社の金を貯めたところで何一つ変わりはしない。

 

そのお金どうするつもりですか?

設備投資にも人件費に投入もせずにお金は儲かりませんよ?(笑)

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする