最近のちと気になる漫画なんですよ、これ

はい、レビューサイトのくせに全くレビューしない男、MADAOです。

今回は一応映画化も決定したらしいので、最近読んだ漫画『不能犯』についてでも。

いや、これまじ面白いからおすすめ。

ではいってみよー。

一風変わった『殺し屋』


不能犯』(ふのうはん)は、宮月新原作、神崎裕也作画による日本の漫画作品。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2013年10号より連載を開始。2018年に実写映画化作品が公開予定。
wikipediaより

既刊5巻です。
まだ買い始めても間に合う(笑)

主人公は『宇相吹正(うそぶきただし)』という男。

この男は暗示によって殺人を犯すんだけど。
なぜ不能犯ってタイトルなのかというと、
暗示によって殺人をした場合罪に問われない
・・・というか物的証拠がないから捕まえられない。

一種の『思い込み』を使って依頼を遂行するわけなんですが、
この主人公かなり人を食った性格をしてます。

内容とかを話してしまうとネタバレになってしまうからね。
結構こういう漫画の感想のやつってみんな内容話しちゃうよね・・・
お代は見てのお帰りで、もし俺が紹介した漫画が面白ければまた来てください(笑)

最近の漫画の傾向

最近ちょっと気になるのが漫画のタイトルの傾向。
バカ明るいすごく暗いかどっちか。

最近アニメ化になった『クズの本懐』とか『奴隷区』とか。
・・・かと思えばラノベのようなタイトル。

基本的に青年誌系統が結構重めのタイトルなのかな?

次は多分『賭ケグルイ』と『LIAR GAME』と『カイジ』あたりの漫画の紹介でも書きます。
あ、でもね。
カイジって俺読んだこと無いからアニメ準拠な(笑)

三作品とも『賭け』『ゲーム』って内容になってますので。

ではみなさんまた。
現場からMADAOがお伝えしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする