SIMフリーとかSIMカードって?#1

最近何かと話題のMVNO
簡単に言っちゃうとSIMフリースマホ

結構周りで聞いてみると
『契約の仕方がわからない』
とか
『そもそもSIMって何?おいしいの?』
みたいな感じで。

まあ、安いからそっちにしたいって言う人もいるんですけど。
携帯電話が普及してずーっとキャリアしかなかったわけで、
携帯電話の仕組み自体がわからんって話ですよね。

他のこういった記事を読んでると、
仕組みは判ってるの前程でちんぷんかんぷんって人も多いんじゃないでしょうか?

今回から何回かにわけて、MVNOSIMフリーの説明をさせていこうかと。
まずMVNOってなんだってところから行きましょうか。

MVNOってなんなんだよ?

簡単に言っちゃうとスーパーなんかで売ってるプライベートブランドだと思ってください。
まあ、少し違うかもしれませんが。

ざっくり言うと・・
キャリア三社の電波を借りて販売してると思ってください。
なんで品質はキャリアとそんな大差ないわけです。
ただ、通信量がキャリアよりは少ないのでピークが来るとスピードが出ない。
それくらいかな?

その代わり自社でアンテナを建てないので料金が安くなるメリットがあるわけで。
ぶっちゃけた話LINE程度ならそんなに早くなくてもよかったり。

MVNOに乗り換える時の注意点

で・・・注意していただきたいのが。
MVNOのSIMのと契約する際に安いからと言ってデータ通信のみの契約をするのはNG。
例えばLINEなどはSMSがないと登録できなかったりします。
LINEで通話するからいいやって思ってもSMS付きのものでないとLINEが使えないという・・・

あと、通話付きプランもありますが、
一台で通話もデータ通信もとなると一番安いプランだとデータ通信が遅いです。
一応無制限ってなってたりするんですが、凄くストレスを感じます。
なんせ1/10程度しか速度がありませんから。

なので、一台で全てを済ます場合は最低でもデータ通信付きのものを選びましょう。
追加パックもありますが割高になります。

今回のまとめ

MVNOはPB商品みたいなもの

データ通信はLINEを使うならSMS付のものを選ぶこと

通話用の回線の安いプランはデータ通信に向かない

この三点をまず覚えておきましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする